• 何故頼る事になるのか
    相続問題の相談は通常なら弁護士などが無難であろうと考える方がほとんどだと思います。それもそうですし間違っている認識では決してありません。
  • 自分たちだけで
    相続問題は誰にでも振りかかる可能性がある問題です。子供の内はあまり関係がありませんが、大人になり自分の父親が無くなってしまうともしかしたら発生してしまうかもしれません。

どう利用をするのか

ビジネスマン

相続の各種相談を司法書士にする際はどうすれば良いのか説明をします。

まず司法書士事務所を探し出す事から始めます。
都心部には沢山司法書士事務所はありますので、すぐに探しだし相談する事が可能です。
しかし地方によっては少なかったり、自分の住んでいる地域に相続相談が可能である司法書士がいる事務所がないという事もあります。
そういう時は可能であれば隣の市などもしくは県外などの事務所を尋ねてみましょう。
他にも事務所によっては電話での相談にも有料や無料にて乗ってくれます。

相談は初回は無料という所もあれば、初回から通常通りの費用が発生する所があります。
どちらかがいいのかは依頼主次第です。決める方法は評判を聞いたりその司法書士の業績を聞いたりなど様々です。

そして相談をして名義変更などの手続きをしてもらうのです。
もし名義変更のみ意外にも依頼や相談をしたい事があれば、追加で相談に乗ってもらい色々なアドバイスを受けたりします。
司法書士によっては対応できる範囲が決まっているので、もし対応外であるの別の司法書士に相談をしましょう。

相続問題は何か原因があり解決に進まない場合、司法書士が対応できる範囲であれば相談が可能です。

どういった職種の方か

デスクに座る人

しかし司法書士と聞いてもピンとこない方もいるかもしれません。
弁護士と聞くとある程度どの様な事を行っている人なのかは把握できますが、司法書士は知らない方は名前しか知らないかもしれません。
もしかすると相続問題に悩んでおり、専門家の相談に頼ろうとしている方でも相続に司法書士の力が必要なのかを知らない方もリルかもしれないのです。

司法書士というのは、不動産の登記やそれにまつわる手続きを代理してくれる方々です。
他にも不動産にまつわる事で裁判所などに提出する法的な書類を作製してくれたり、簡易裁判所では訴訟などの代理もしてくれます。
そして法律相談にも応じてくれる方々でもあるのです。
司法書士の全員が裁判所などの仕事も代理をしてくれる訳ではなく、登記などが専門という方々もいます。
しかし探せばありとあらゆる法律問題を解決してくれる術を持っている司法書士は沢山いるのです。
自分の身近なところにそういった司法書士がいるのであれば、相談だけでもしてみる価値はあります。

司法書士は幾分か弁護士に相談と依頼をするより料金がリーズナブルであるので、司法書士は庶民の為の法律家とも言えます。