施工管理の求人で押さえておきたいポイント

建築業において、工程の管理や安全の管理、品質管理、原価管理などを行うことを施工管理といい、国家資格を得たものを施工管理士と言います。施工管理が担う建築現場における役割は大変重要であり、その資格には6種類あります。建築施工だけでなく、建築機械や土木、管工事、電気工事、造園工事など仕事内容も様々で、1級を取得することで監理技術者として現場で働くことができます。2級であっても一般建設業の専任技術者として働くことができます。施工管理士として求人を探しているのであれば、まず資格を取得することから始めましょう。施工管理士の資格を持っていれば給与や出世の可能性も大きく変わります。この資格を受験するには一定の学歴と実務経験が必須となっているので、満たしているならぜひ受験をおすすめします。

施工管理の求人は増加傾向、資格取得がおすすめ

施工管理の仕事は、資格が大きく影響します。受験資格を満たしていて、1級を持っていないのであれば、すぐに受験しましょう。施工管理の仕事に就くのであれば、これまでの実績や経験もいかしつつ、取得した資格をもとに、自分の強みをしっかりと把握しておくことが重要です。昨今の施工管理求人の傾向としては、大手中小専門工事会社や建設会社、また不動産管理会社などが多く、資格を持っていることで安定した求人があり、人気の国家資格ともいえます。資格の有無で求人の数や給料、企業ニーズが大きく異なる職種です。年配層の有資格者が現場を離れていくことによる若手の施工管理士が不足気味であること、東京オリンピックに向けた建築が増加傾向であることなどから求人は増加傾向、年収も500~700万円と安定しています。

施工管理は将来性ある職業として求人が活発

求人が活発になっている施工管理、受験資格を持っているのであればぜひ受験してほしいです。国家資格の中では比較的合格率も低くなく、きちんと勉強をしていれば大丈夫です。試験内容は、学科試験と実地試験があり、試験のポイントを抑えたテキストや講座を受講し勉強するのがおすすめです。実地試験では自分の考えを的確に文章にする必要があり、経験を生かした回答が求められます。一度取得した資格に期限はないため、免許の更新もないため安心です。施工管理の仕事は生涯なくなることはなく、将来性ある職業です。大手の求人も多く、仕事内容や年収アップに大きく影響する価値ある資格ですので、積極的に取得しましょう。現場での知識や経験を積むことで、優秀な人は引き抜きされることもあり得ます。求人が多いことで転職も比較的しやすく、あなたの働き方次第でどんどん年収や条件をアップしていくことができますよ。