知っていると得をする施工管理の求人情報とは

施工管理の仕事とは、建設工事にとって常に必要とされている業種のひとつです。現場監督として従事して、工事全体の流れや全体像の管理を任されている職業です。設計監理、施工監理、コンストラクションマネジメントなどによる建築の計画に基づいた設計が行われるように、技術面と資材面などにも気を配りながら、安全に予定に沿った流れでの現場運営をして工事を進めていくことが施工管理には求められています。その仕事内容としては、作業においての工程管理や造形物の形や寸法を管理する出来形管理、資材の強度や質を管理する品質管理、コスト面を担う原価管理、現場での安全管理などと多岐に渡っています。一般的には工事現場においては、この施工管理技士の資格を持つ人間が必ず1人以上は必要とされているために、常時求人としてのニーズは高いといえる職業でしょう。

施工管理の求人はこまめにチェックしておきましょう

施工管理の求人を経て実際に従事している人は、業界的にはやはり男性の割合が高く、9割以上が男性というデータも出ています。年収の幅も400万から500万がボリュームの多い層というデータもあるようです。安定した稼ぎができるのであれば、やはり長く続けられる職種でしょう。また建設業は不況知らずのところがありますので、経済のアップダウン自体の影響を受けにくい分野でもあります。工事の規模によっては大量に採用を必要とする現場もある職業ですので、施工管理への就業を希望されている方は、こまめに職業安定所や求人サイトなどをチェックしておくと良いでしょう。年齢的にも30代でも転職による流入が多く求人も多い職ですので、少しずつ現場でのスキルを磨きながら、ステップアップのひとつとして施工管理を目指していく人も多いです。

施工管理の求人で、建築現場で働くために資格取得を目指しましょう

職種としては優遇面も多い施工管理の求人には誰でも応募ができるわけではなく、資格取得が前提とされています。国家資格の中の施工管理技士の取得が必要になってくるのです。他にも施工管理技士には、建築施工管理技士、土木施工管理技士、管工事施工管理技士などの様々な種類がありますが、現場での管理技術者として働きたい場合には、施工管理技士の1級の取得が条件となっています。国家資格は誰でも簡単に取得できるものではなく、専門分野の勉強が必要ですが、一旦取得ができれば、建設業者が新しく事務所を作った時に専任技術者の役職として迎えられるなど、実践にも大きく役立つ資格です。またこの専任技術者は2級の施工管理技士としても働けますので、年齢に関係なく仕事の幅が大きく広がるでしょう。このように施工管理の技士を目指すと、不況の折でも建設業への転職や収入アップにも繋がり、持っていると有利な資格としておすすめです。